マキノで働く人たち

徐陽Yang Xu

株式会社牧野フライス製作所
開発本部 厚木V開発部 V2グループ

中国のご出身なんですね。日本に来ようと思われたのはどうしてですか?

もともと機械が好きで、将来は製造業そのものより、製造業を支える工作機械に携わりたいと考えていました。日本なら優れた技術が学べると思い、中国の大学で日本語も学び、卒業後、日本の大学院に進学しました。また、日本は、ルールやマナーがしっかりしています。それが自分の性格に合っていたのも、日本を選んだ理由のひとつです。

数ある日本の会社の中で、マキノに就職を決めた理由は?

研究室の先輩が、マキノに就職したことがきっかけです。「マキノはいいぞ」と薦められていました。そんなとき、名古屋市国際展示場で行なわれた日本最大級の工作機械見本市、「メカトロテックジャパン」でマキノの会社説明を受け、インターンシップに応募しました。
私が参加したのは、「グローバルインターンシップ」と呼ばれる、2週間のインターンシップでした。1週目は厚木事業所、2週目はシンガポールに拠点を置くマキノ・アジアを見学させてもらいました。グローバルな会社だなと思いましたね。航空券から宿泊費まで、費用は会社がすべて負担してくれたのもありがたかったです。
また、「工作機械の未来像」をテーマにしたグループワークでは、マキノの現状に甘んじない未来志向を感じました。この会社と一緒に成長しながら、工作機械の明るい未来をつくっていきたい。そんな気持ちで入社を決めました。

現在はどのようなお仕事をされているのですか?

今年4月に入社し、まずは全体研修で業務内容、会社の歴史、制度などを教わりました。5月中旬から部門研修に移り、開発本部とS.I.T本部で、仕事に関する技術、設計ツール、プログラミングなどを学びました。
そして、11月から現在の部署に配属されました。開発本部V開発部V2グループという部署で、マキノの製品である、5軸制御立形マシニングセンタ「D200Z」と「DA300」、2つの工作機械を担当しています。業務としては、お客様のご要望を受け、特殊仕様や追加改造などのカスタマイズをするのが私の仕事です。今は、一番簡単な案件から勉強させてもらっています。たまに、機械の様子を見に工場に行くこともありますが、ふだんはオフィスでパソコンに向かって図面を描いたりしています。

4月から11月まで研修だったんですね。

そうです。研修でひと通り業務を経験させてもらったことで、自分のやりたいことがはっきりしました。自分がどんなことに興味を持っているのか、どの部署で働きたいかを知ることは、仕事をしていくうえで非常に重要だと思います。

入社して、イメージと違ったことや印象に残っていることなどありますか?

仕事においては、入社前のイメージ通りです。印象に残っていることと言えば、山梨県の富士勝山事業所で研修を受けていた際、寮のバスルームで転んで足をケガしてしまったんです。少し腫れていたものの、大丈夫だろうと思って出勤したのですが、そのことを厚木事業所のリーダに電話したら大変心配してくださり、富士勝山事業所の同僚の方とすぐに連絡をとってくれて、車で病院に連れていってもらいました。そして、帰りは寮まで送ってくれました。先輩方の温かい心遣いに、本当に感動しました。

こうした環境なら、外国人の方でも心配ありませんね。

はい、みなさん親切にしてくださいます。マキノはグローバルな会社で、外国人を積極的に受け入れているので、外国人にも働きやすい会社だと思います。外国人同士で集まって、お酒を飲みに行くこともあります。
あと、有給休暇も、事前にリーダに伝えておけば、ちゃんと取ることができます。その際、理由を聞かれたことは一度もありません。社員に優しい会社だなと感じています。

これから、どんな仕事をしていきたいと思っていますか?

まずは設計の基本をしっかり把握して、お客様のさまざまなご要望に応えることができる技術を身につけたいです。長期的には、工作機械の分野でスペシャリストになりたいですね。そのためには、電気、制御、自動化など、工作機械に関連する技術についても幅広く吸収することが必要だと思っています。
マキノにはその環境が用意されています。しかし、本人が学ぶ意欲を持っていなければ意味はありません。勉強は大学で終わりではありません。むしろ会社に入ってからが、本当の勉強の始まりです。大学や大学院で学んだ理論を実践の中で学べるし、わからないことがあれば、先輩がなんでも教えてくれます。だからこそ、学ぶ意欲を持ち続けることができる方に、入ってきてほしいですね。工作機械って知れば知るほど深いんですよ。

OFFタイムの過ごし方

プライベートでは、よく妻と買い物に行ったり、料理をしたりするのが楽しみです。また、週に数回、近所のスポーツセンターでバドミントンや卓球をしています。自然の中で過ごすことも好きなので、厚木事業所から近い宮ヶ瀬湖や、高尾山などに行くこともあります。

※掲載内容は2019年12月にインタビューしたものです。

Working at Makinoマキノで働く人たち

PAGETOP